清潔・身だしなみ

【カミソリ負け】なぜ起こる?カミソリ負けの原因と対処法について

男性の肌悩みの中でも最も多いと言われているのが「カミソリ負け」ではないでしょうか。

髭剃り後の肌のヒリつきやかゆみ、乾燥といった症状に、日常的に悩まされている人も少なくないでしょう。

※もちろん私もそのうちの一人です

 

しかし、カミソリ負けの原因や治し方を知っておけば、そんな日々の肌悩みも少しは軽減されるはずです!
今回はケア・予防法を含めて、カミソリ負けについての対策を深掘りしていきましょう。

 

 

カミソリ負け

 

カミソリ負けとは、カミソリでシェービングした後に起きる肌トラブルのことです。

 

カミソリは肌を傷つけやすく、傷ついた肌から細菌などが入って炎症を起こしたり、肌のバリア機能が落ちて乾燥しやすくなったりと、肌に何らかのトラブルが生じてしまうことがあります。

 

そんなカミソリ負けは、皮膚が弱い方だけに起こるものではありません。

肌トラブルとは無縁だった方や肌が丈夫な方でも起こり得るものです。

 

そのため、どんなに肌が丈夫な方であっても、カミソリを使う場合は、カミソリ負けに注意するようにしましょう

 

カミソリ負けの原因

 

それではカミソリ負けの原因について、お話していきましょう。

自分に当てはまっている項目がないかどうか、チェックしてみるのもいいですね。

 

  • 同じ部分のヒゲを何度も剃る
  • 同じカミソリを使い続けている
  • スキンケアが不十分

 

同じ部分のヒゲを何度も剃る

カミソリ負けの原因の1つとして「同じ部位をカミソリで剃ること」で、過剰な角層のみならず皮膚の表面を一緒に剃ってしまうこともあります。

 

そのため、肌がヒリヒリしたり、赤いブツブツが生じたり、(カミソリの刺激や摩擦によって皮膚に色素沈着が起きるなどと、)カミソリ負けが現れることもあります。

 

特に男性は毎日の髭剃りで同じ部位をカミソリで剃る方が多いため、カミソリ負けをしやすくなります。

 

同じカミソリを使い続けている

同じカミソリを使い続けていることも、カミソリ負けの原因になります。

同じカミソリを使い続けることで、カミソリの刃は切れ味が悪くなってしまいます

 

切れ味の悪いカミソリの刃で脱毛すると、毛が引っ掛かりやすくなったり肌が引っ張られたりします

その影響で肌が傷つきやすく、カミソリ負けが起きやすくなります。

 

スキンケアが不十分

髭剃り後のスキンケアが不十分であることも、カミソリ負けの原因になりやすいです。

 

カミソリで髭剃りをした場合、目には見えなくても肌は傷つき敏感な状態になっています

そのため、髭剃り後のスキンケアが不十分だと、肌がかさついて炎症を起こしやすくなります。

 

そしてそれが、毛穴の色素沈着の原因になったりします。

カミソリでの髭剃り後は、必ず適切なスキンケアを行う必要があります

 

カミソリ負けの症状

 

実際にカミソリ負けしてしまった場合は、どのような症状が起きるのか

ここではカミソリ負けの症状について、お話していきましょう。

 

  • 出血する
  • ヒリヒリする
  • 赤いブツブツが出来る
  • かゆみや痛みがでる

 

出血する

カミソリ負けをした場合は、出血することがあります

 

肌には、目には見えない細かな隆起やへこみがあります。

隆起やへこみに気が付かずにカミソリを使ってしまうと、肌を傷つけてしまう事になります。

 

その結果カミソリによる細かな傷がつくことで、出血したり痛みが出たりといったカミソリ負けの症状が現れます。

 

ヒリヒリする

カミソリを使って髭剃りをした後、肌がヒリヒリする状態もカミソリ負けの症状です。

 

カミソリは直接肌に当てて毛を剃り落とすため、皮膚バリアが損傷しやすくなります

皮膚バリア機能の低下によって、乾燥や炎症の原因となり、ヒリヒリしてしまいます。

 

赤いブツブツが出来る

髭剃り後の肌を見ると、赤いブツブツができているという方もいるのではないでしょうか。

赤いブツブツができるのもカミソリ負けの症状です。

 

カミソリで髭剃りを行うとムダ毛と一緒に肌の表面を削ることになり、肌の角質層に細かな傷をつけてしまいます。

この傷から細菌が入り込んで炎症が生じ、毛穴を中心に炎症が起きると、炎症が赤いブツブツとして肌表面に現れるのです。

 

かゆみや痛みがでる

カミソリでのシェービングは脱毛をするだけではなく、角質を落とすことにもなります

 

角質を落としたまま放置してしまうと、肌のバリア機能が低下しているため、かゆみや痛みが生じてしまうといったカミソリ負けの原因となります。

 

かゆみや痛みがでないようにするためにも、カミソリでの髭剃り後は肌を労わらなければいけません

 

 

カミソリ負けを防ぐコツ

 

実はカミソリ負けに悩まされている方は多くいるのが現状です。

そこでカミソリ負けを防ぐためのコツを知り、トラブルのない肌を維持して行きましょう!!

 

  • 肌とカミソリは常に清潔な状態に!
  • カミソリの刃は定期的に交換!
  • シェービング剤の使用!
  • 力を入れて剃らない!
  • アフターケアを怠らない!

 

肌とカミソリは常に清潔な状態に!

髭剃り前は、肌表面の余分な皮脂や汚れを落とし清潔な状態をつくります。

 

髭剃りのタイミングは、肌や髭が柔らかくなっているのに加え毛穴も開いた状態の入浴時または入浴後がおすすめ

難しい場合は、洗顔後に蒸しタオル等を顔に当て、肌と髭をやわらかくするのもよいでしょう。

またカミソリも使用後はきちんと洗浄し、雑菌の繁殖を防ぐため、風通しがよく湿度が保てる場所に保管するようにしましょう。

 

カミソリの刃は定期的に交換!

カミソリの刃は時間経過や繰り返し使用するうちに劣化し、徐々に切れにくくなります

 

そのまま使い続けると、何度も同じ部位に刃をあてることになります。

また、強く肌に押し当てたりすることで肌を傷つける可能性もあります。

 

商品により異なりますが、カミソリの刃の交換目安は2週間に1回程度と考えて下さい。

そして切れにくいと感じたら、早めに刃を交換することをおすすめします。

 

シェービング剤の使用!

シェービングジェルやムースは、カミソリの刃の滑りがスムーズになります

そして肌とカミソリとの間のクッションにもなるため、肌へのダメージを軽減しカミソリ負けを予防する効果があります。

 

最近ではシェービングにも使用可能な泡で出てくる洗顔料もあります。

使い分けが面倒くさい人などには、シェービングOKの洗顔料もおすすめです。

 

力を入れて剃らない!

髭剃りをする際は、カミソリを肌の上に軽く当てましょう。

そしてそのまま、毛の流れに沿って滑らせるようにやさしく剃っていきます。

 

深く剃ろうと思い肌に強く押し当てたり力が入ってしまうと、肌とカミソリとの間に摩擦が生じます

それが一番のカミソリ負けの原因にもなるため、注意が必要です。

 

アフターケアを怠らない!

髭剃り後は、必ず化粧水やアフターシェーブローションなどでしっかり肌を保湿ことが大切です

 

化粧水やアフターシェーブローションなどの保湿剤は、肌に水分を与えます。

また、髭剃りでダメージを負った肌を落ち着かせる効果もあります。

 

どんなに忙しく時間がない場合でも、アフターケアで外的刺激から肌を守ることをおすすめします

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「カミソリ負けの原因と対策」的な部分でのお話になりました(*^-^*)

 

毎日ヒゲを剃るんですもんね…そりゃ肌も悲鳴をあげますよ(´;ω;`)

しかし、対策が無いわけではありません。

 

今回のブログで紹介した方法を是非実践して頂き、男の肌を守っていきましょう!!

 

 

 

 

この記事を書いた人

イイ男になりたい普通の男

くろぼん

こんにちは!「くろぼん」ともうします。 ここでは男ならではの悩みについての記事を書かせて頂いております。 一緒に共感してくれる方や、一緒にイイ男目指してくれる方がいらっしゃったら 是非とも一緒に頑張っていきましょう(*^-^*) どうぞ宜しくお願い致します。

詳しいプロフィール

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
コスパ抜群の新感覚シェーバー
カテゴリー選択
Brother Blog Site

勝てる「男肌」へ!!
応援よろしくお願い致します(*^-^*)
にほんブログ村ランキング

人気ブログランキング

過去記事